空き家活用案件:吉祥庵

当機構が相談・コーディネートを行い実現した空き家活用事例を紹介します。

「大切にしたい京都の路地選」で特徴的取り組みとして選定されました(29年3月)

京の住まい再生支援機構が地域住民や自治会、事業者のみなさまのご協力のもと手がけました路地奥空き家を活用した1棟貸宿泊施設「吉祥庵」のある中京区上黒門町の路地が京都市による「大切にしたい京都の路地」(あきない・ぶんか・つどう)に選定されました。

パンフレットでは、特徴的で評価の高い路地での取り組みとして大きく紹介されています。

空き家や路地奥の家屋の活用などお悩みの方は当機構までご相談ください!

 

概要

  • 住所:京都市中京区黒門通六角下る上黒門町375番地12
    用途:簡易宿所
    構造規模:木造2階建て
    建築面積:39.86㎡  延床面積:66.26㎡
    建物所有者:個人
    事業者:株式会社吉祥院安田

事業スキーム

  • 事業者は建物所有者より定期借家として7年間ほぼ無償で建物を使用。
    改装費用(約1400万円)は全額事業者が負担。
    中途解約の場合は、{(7-使用年数)/7×事業費用} を建物所有者が事業者に支払う。
    7年後には、家賃を発生させて引き続き事業を継続、建物所有者が事業を引き継ぐ、建物所有者が住居として使用、などといった選択肢がある。

 

近隣への対応

  • 着工前、竣工後に近隣の住民を対象に説明見学会を開催。
    その際の近隣の方からの要望に対応。
    →2階窓から外に出られないようにする。
    →路地に防犯カメラを設置。
    →西側窓に簾を設置。
    宿泊スケジュールを町内の方に回覧する。
    地蔵盆など町内のイベントには無償で使用可。
    町内の方の関係者は割引価格で宿泊可。
    宿泊者等の管理を近隣の住民に委託。

コミュニティの拠点として

完成後に迎えた平成28年夏の町内の地蔵盆では会場としても活用

法令許可

消防用設備等設置承認決定通知 発消中第7号 平成28年4月14日
消防法令適合通知 発消中第18号 平成28年4月22日
バリアフリー条例検査済 都建審第2031号 平成28年4月26日
景観認定内容適合 都景景第28049112号 平成28年4月27日
旅館業許可 京都市指令保保医第172号 平成28年5月31日